2007年06月28日

ふたりの巨人 (その2)



巨人・力士「鬼勝」
 
和歌山気象台の近くにある「正住寺」(東長町2丁目)という立派なお寺にユニークなお墓がある。                 
 
 本堂の左手の墓石群の中にあるちょっと変わった形のこの墓は、初代紀州藩主頼宣公のお抱え力士であった「蓮井象之助鬼勝」の等身大に造られたものとのことである
 
 墓銘碑によると鬼勝の身長は7尺4寸5分(2m23)であったというから、ものすごい巨人であったろう。当時の日本人の平均身長は5尺そこそこ(1m60cm余)であったろうから,想像に絶する大男であったのではと思う。ちなみに、現役力士で最高身長者は琴欧州(2m03cm)である。
 ( この墓は、先の戦災で傷んでいたものを昭和60年11月に再建したものという。)

 また、向かって墓石の左側に 「 ついの世は 土山櫛を相撲取  浩徳 」 との書かれた碑がたてられている。  続きを読む


Posted by jiiyasan at 20:06Comments(5)