2007年10月23日

木ノ本の獅子舞(つずき)

木本八幡宮
祭神:応神天皇 神功皇后 日霊大神



 こども獅子舞
本殿鳥居の前で、笛や太鼓に合わせて「こども獅子舞」が演じられます。茣蓙を敷いた上で演じるので、間近で見ることができます。観客の子供たちは車座になって拍手を送って、終わると沢山のおひねり(花)を投じます。



ダンジリの巡行
梯子獅子を舞う前に、神輿、ダンジリが町内を巡行します。
 和歌山寄りの「三道の辻」から約0・7キロ近くの道中を、3時間近くかけて、数箇所のポイントで獅子舞を演じながら進んでゆきます。沿道には沢山の見物人が集まり、拍手を送ります。また、ダンジリが、道中の献燈に触れないように、仮撤去しながら進みます。
 この道は、昔は村の唯一のメインストリートでしたが、今は狭い通りになってしまいました。
  


Posted by jiiyasan at 20:42Comments(6)