2007年10月30日

本居大平と一族の墓



 国学者本居大平(もとおりおおひら)
 本居大平(1756~1933)は、当時紀伊藩領だった伊勢の松阪の大きなトウフ屋の長男(少年時代の名前は稲懸茂穂)に生まれた。13歳のとき国学者「本居宣長」の門下生となり勉学を続けたが、その後学問への熱意と、人柄が見込まれ宣長の養子となった。
 のち紀州藩に仕えることなったが、文化6年藩主冶宝の命で和歌山に居を移し、「万葉集」「古事記」などを進講することとなった。また「紀伊風土記」の編纂にあたるなどして、ますます信頼厚く、側用人にとりたてられた。

 本居大平は、国文学のほか、和歌文章に長じ、松坂、京都等にも出講するなど門下生が1000人を超えたともいわれ、著書も多く残され、和歌山の国文学を盛んにした。
 天保4年78才で没。男の芝丁の「吹上寺」に葬られる。

 

 
 遥拝石 
  
 和歌山に移り住んだ本居大平とその一家の八墓の墓が臨済宗「吹上寺」(気象台の隣))にある。

また、これらの墓の間には
    「先祖親族墓遥拝所」
と刻された自然石がある。
  本居一族の皆さんは、ここから父祖の地「松坂」を遥拝したのだろう。




 
 
 吹上寺山門
 
 戦災やその後の都市計画、紀ノ川大橋の架設などで当時の「吹上寺」の付近の景観は一変した。吹上寺の山門も気をつけていないと見過ごすだろう。
 
 また、和歌山本居家は明治維新後は東京に居を移されたとのことで、以後の墓所は東京の谷中霊園となった。  


Posted by jiiyasan at 01:35Comments(2)