2007年12月02日

紅葉渓庭園

 名勝「西の丸庭園」(紅葉渓庭園)
 紀州徳川家初代藩主頼宣公が、西の丸御殿(現在の庭園の北にあった)に造営した江戸時代初期の城郭庭園である。昔からその名のとおり秋の紅葉が有名。
 遅れていた紅葉が見頃になりました。好天に恵まれ、また休日のことでもありアマカメラマンや日曜画家など沢山の人出でした。
 茶室「紅松庵」は和歌山市名誉市民・故松下幸之助の寄贈にかかるもので、四季を通じて茶室からすばらしい庭園を眺めることができる。

 
 紅葉に映える和歌山城
 紅葉渓がら見える和歌山城の天守閣の一部です。


 
 御橋廊下
 お堀の水面に映える「御橋廊下」は、紅葉とともに一段と美しい。
長さ26.7m、巾2.95m、の「御橋廊下」は藩主とお付きの人だけが二の丸と西の丸を往復するために架けられた橋で、平成18年3月に復元完成された。
 
 屋根つきの廊下は、また全国的にも珍しい斜めにかかる橋で(勾配約11%)、現在は誰でも無料で渡ることができる(ただし要寄付金)。  


Posted by jiiyasan at 21:44Comments(4)