2008年01月11日

十日えびす

水門吹上神社(みなとふきあげじんじゃ)
 春のような陽気のなか、「えべっさん」にお参りしました。
関西でなじみ深い「十日戎」。新年の風物詩のひとつの「えべっさん」は、和歌山では東の宮と、ここ湊の「水門吹上神社」が知られていますが、最近は各地の神社でも「えべっさん」を祀るところが多くなったようです。
  

顕彰碑
 水門吹上神社の御由緒によると、天正年間に水門、吹上の二神社を合祀したお社という。
その結果水門神社の蛭児神(恵比須さん)と吹上神社の大巳貴神(大国さん)の七福神のうちの二柱をおまつりする珍しい神社になったとのこと。

 現在の鎮座地は、男の芝とも男の水門、雄湊とも言われ、神武天皇が東征のみぎり、御兄の五瀬命が崩御された旧跡といわれ、境内に「神武天皇聖跡男水門顕彰碑」が建立されています。
 また拝殿前の駒獅子があり、おみくじがつけられていました。


 吉 兆
十日戎には、商売繁盛を祈願するため、昔から古い福笹をお返しして新しい笹に吉兆をつけてもらい帰宅する習わしとなっている。
 吉兆は、小判、鯛,、大福帳、打出の小槌、米俵などのめでたいものがあり、自分で注文して福娘さんにつけてもらう。また、最近は写真のような福俵が売られていました。
 

屋台店
 「のし飴」はじめ、たこ焼き、たい焼き、などの食べ物やさんなど数十軒の露店が道路の両側に出店していました。「のし飴」は和歌山だけで製造販売されている特産品だとのこと。
 昼間は参詣者は少ないが、夜になると人出が多く、今でも大変な賑わいとなるそうである。

  


Posted by jiiyasan at 21:35Comments(5)