2008年01月26日

パソコンあれこれ

  
 【1】 80の手習い
 長年使っていたワープロがパンクしたので、やむなく近くの電器店でパソコンを購入してから3年が経った。
 購入してから数日後、中学時代の同級生がパソコンの書籍8冊を携えて来宅してくれ、なにかと手ほどきをしてもらったが、少しぐらいワープロの知識があるとはいえ、難解な本をいくら読んでも専門用語で満載の本はチンプンカンプン。face06
 
やはり基本から教えてもらうことが必要だろう思っていた矢先、たまたま購読していた新聞紙の案内で「パソコン初心者教室」が数日後に開講されるとの記事を見かけたので、早速申し込んで受講をはじめた。 昔からよくいう「60の手習い」ならぬ「80の手習い」の始まりであった。

以後、パソコンと取り組み始めたものの、さっぱり進歩せずに今に至っている。
 もうやめようと何度も思ったが、はや3年が経った。「石の上にも3年」との諺があるが、今はボケ防止(今は禁句)のためと自分に言い聞かせ、最近は自宅近くの教室に行って指導をうけている。
 
 ここの初心者教室は、個人指導が主で、何よりも自分のパソコンを携行して行って受講できることがよく、週に一度の受講に通いはじめた。

 初心者教室の受講者は7名でスタート。勿論私が最年長で、あとは50才前後のご婦人がたばり.
教えてくれる先生も若いけれど、親切な教え方が気に入ったこともあり、また同級のご婦人方も明るい人たちで、何かと年寄りの私にそれとなく気をくばってもらった。ik_93
 
 この間、同級の誼で花見とか、忘年会などにも誘ってくれるままに、有難く参加させてもらい今に至っている。



 【2】.カタカナ語
メニューバー」「ツールバー」をはじめとして「ウエブ」「テンプレート」そして「HDD」「URL]・・・・・etc
カタカナ語、英略語などの用語が多いのもパソコンならではのこと。先生が何気なく使うパソコン用語は、はじめての私には難解な用語の多いこと。覚えれば苦痛にはならないが、年とともに昔覚えた漢字すら大分わすれかけている現在、新しくカタカナ語などを理解し記憶するのは脳細胞の衰えた老人にとって大変な負担であった。しかし、パソコンをマスターするためには止むを得まいとあきらめてはいるが、すぐに忘れるので情けない限りだ。

 本題から逸れるが、最近私たちの周辺に、むやみにカタカナ語が氾濫しているように思う。宣伝・広告などは勿論、新聞や雑誌等にカタカナ語の氾濫がめだつが、これらは止むをえないとしても、公用の文書類の中にもどうかと思われる使い方をしているように感じる。face08
 
 しかし、文句ばかり言っていてもはじまらないので用語集を手に苦戦中の日々を送る毎日である。

                                                  (つづく)



                                       


Posted by jiiyasan at 21:35Comments(4)