2008年02月29日

加太淡島神社


 
 淡島さん
 朱塗りの拝殿が美しい淡島神社は(左)、加太湾(右)の南端に、淡島さんの愛称で全国的に知られ、毎年3月3日の雛祭りに、神社に奉納された雛人形を白木の船に乗せて海に流すという「雛流し」神事で有名です。

 【由緒】
 神功皇后が、西国出兵からの帰途、激しい嵐に出会い、神に祈ると「船の苫を海に投げて、ながれのままに船を進めよ」とのお告げがあり、その通りりにすると、友ヶ島に船が着いた。この島に少彦名命と大己貴命が祀られていたので、感謝の気持ちを込めて、お祈りされた。そして神功皇后の孫にあたる仁徳天皇が、「遠い島では何かとご不自由であろう」と二神を対岸の加太の地に遷されたのが、加太淡島神社のおこりである。  (淡島神社の栞から)

 【祭神】 
 少名彦命(すくなひこのみこと)
 大己貴模命(おほなむじのみこと)
 息長足姫命(あきながたらしひめのもこと)(神功皇后)
 
 ご祭神の少彦名命は、医薬の神様、特に、女性の病気回復や」安産・子授けなどに霊験あらたかといわれ信仰をあつめています。




 雛人形と針塚
 淡島神社には、雛流しのほかに{針供養」(2月8日)と「甘酒まつり」(10月3日)の年中行事があります。それぞれ関係者がお参りし盛大に祭が催されています。

 針供養の神事が行われた後の針は境内にある「針塚」に」納められています。




 宝物殿等
 大鳥居をくぐると、すぐのとこるに宝物殿があります。地下1階地上2階の宝物殿には、徳川家から奉納された雛人形や宝物が納めているとのことです。
 また、境内には加太の海や磯で獲れた新鮮な海産物等を販売する土産店が年中営業している。  


Posted by jiiyasan at 11:16Comments(10)

2008年02月27日

ひなまつり

 
 3月3日は、「桃の節句」や「ひな祭り」とiいわれ,春を呼ぶ行事の一つとして女の子のいる家庭では飾られているでしょう、
 
 【由来】 
 「桃の節句」の起源は、古く平安時代から貴族の間で五節句(季節の節目に身の穢れを祓う行事)のひとつとして行われてきた行事のひとつであったが、その後庶民の間にも広まって来たお祝いの行事です。
 女の子の厄除けと健やかな成長を願って行われてきたわが国の伝統文化のひとつです。

 【雛人形の種類】 
 雛人形の始まりは、紙と粘土製からはじまり、今の新しい材料のなど、時代とともに変化てきました。最近はいろいろな「かわり蜷」など新しい形のものも出てきて話題になっていますね。  

 祝い方もいろいろで、特に最近の住環境の変化によって簡素化の方向に向かっているようですが、このような伝統行事はいつまでも残して行きたいものです。

  
         
  雛 人 形
 
  【飾り方】 
   雛人形の飾り方には「平飾り」「二段かざり」「三段飾り」・・・・などいろいろ。
   この雛飾りは近くの家庭で飾られている「七段飾り」です。

  (第一段) 内裏雛とお雛様   
   天皇ご夫婦のお姿で、宮中の結婚の儀を表現しているといわれています。
   お雛様の正しい飾り方は、いずれが左か右かをいわれるようです。左右の違いは、上位がどちら   側で考えるかということに関係します。 
     
    明治以前は空廷儀式等で左上位としていたために、古典的な雛人形は、内裏様を左(向かっ    て右)においています。 全国的に雛人形の左右が右上位に変わったのは、明治以降の国際的   儀礼に従い、明治天皇が右(向かって左)、皇后が左に立ったためだといわれています。

   (第二段) 三人官女    
        左より  銚子(ちょうし)  中央座り  長柄銚子
   
   (第三段) 五人囃子
    左より  太鼓(たいこ)   大鼓(おおかわ)  小鼓(こつづみ)  笛  謡(扇)
  
   (第四段) 隋臣(ずいしん
        左より  右大臣(若人)   御膳   菱台   左大臣(老人)
  
   (第五段) 仕丁(じちょう)(衛士)   
        左より  橘  台笠   沓台  立笠  桜
  
   以下第六段 第七段は  箪笥  長持  鏡台  針箱  火鉢  茶道具  御所車    など
 
 


日本人形のいろいろ
 上の市松人形(きせかえ人形の一種)のほか、木目込人形、おやま人形、やまと人形、御所人形、博多人形、奈良人形などなど有名な人形があるようです。
どのぐらいあるのでしょうかね。  


Posted by jiiyasan at 15:47Comments(7)

2008年02月22日

加太春日神社



 加太春日神社(鳥居と拝殿)

 加太春日神社は、和歌山市加太のほぼ中心地(戎丁)の海に近いところにあり、昔から漁業の盛んな土地の守り神として信仰をあつめている。  

この神社には記録文書は全くないが、他からの資料によると、御神徳の篤い、また神格の高い神社であったという。
 
 社伝によると、役行者(飛鳥時代の山岳修行者で修験道の開祖者)が行場として「友ヶ島」を開いたときに、当社を守護神としたといわれており、そのため、現在でも聖護院門跡が山伏僧とともに毎年5月10日に参拝することになっている。
 周辺の住民の人々はこの日に「海老」を神前に供え宴に供する習わしが受け継がれており、有名な「えびまつり」が盛大におこなわれている。
 
現在、例大祭は毎年5月20日に、本渡御は5月第3土曜日に行われ獅子舞の奉納などがある。




 春日神社本殿(昭和6年国指定文化財)と掲示板

 現在の本殿は、慶長元年(1696)の建立と伝えられ、社殿は檜皮葺、一間社流造で、基盤の彫刻には多種多様であるが、恵比寿、貝、海老などの海にかかわる題材が多く見られ、海村の神社をよくあらわしているといえる。
 この社殿は桃山時代建築様式の特徴を現し、もとは極彩色の豪華なものだったらしいが、明治初年の神仏分離の際に彩色を洗い落としたといわれている。

 


道標(みちしるべ)と旧家
加太の町並みは古い。旧紀州街道の分岐点(加太消防署前)に残されている御影石製の道標には、      嘉永2年建之(1849) 「 右わかやま 左あわじみち 
との刻字がよみとれる。道標のとおり左に行くと春日神社の前を通り港に出ることができる。
昔から淡路島へ渡る航路があったのだろう。 
   
 また、この道標の近くに旧家で知られた「向井家」がある。
この向井家は、奈良時代から続く旧家と知られ、いまでも行者達が春日大社に参拝したのち、この向井家に宿泊する習わしとなっており、現在の当主は42代目にあたるという。  


Posted by jiiyasan at 21:38Comments(2)

2008年02月16日

確定申告



 確定申告はじまる。
  
   所得税 贈与税 (H20. 2.18~3.17)
   個人事業者の消費税 (H20.2.18~3.31)

 節分、バレンタインデーなどの一連の行事が が終わると、恒例の確定申告のシーズン(上記の期間)にはいります。市広報をはじめ、街にはPRの懸垂幕などで、早期の申告を呼びかけています。

 税金には、所得税、消費税、県市民税、固定資産税などさまざまな種類があるが、このうち所得税については1年に1度、前年1月1日~12月31日の1年間に生じたすべての収入の額を計算し、その金額に対する所得税の額を計算し、源泉徴収された税金(給与、年金収入者等)や、予定納税した税金などと精算し、申告、納税、還付などの手続きを行うことを確定申告といいます。







 
納税相談所の開設等
 税金の仕組みは複雑ですが、給与収入や年金収入のあった人で何らかの理由で年末調整を済ます機会のなかった人や、年途中で退職し年末調整を受けなかった人などは申告する必要があり、また医療費などの控除申告すれば、その金額によっては納付した税金から還付を受けることもできます。

 今年もこの期間中は税務署では毎日相談窓口を多くして対応(2月24日、3月2日の日曜日も開庁の予定)するほか、和歌山市内9ヶ所に納税相談会場が開設されることになっています。
 各会場には税理士が派遣され無料で納税相談や申告書の記載指導に応じることになっていますから、開設日を確かめてお出かけください。(ただし、税金の種類によっては、税務署に行き手続きが必要なものもあります。)

相談会場へは
 ① 収入を証明する源泉徴収票(給与、年金収入者)や 収支決算書(事業収入のある人) 
 ② 所得から控除を受けられる証明書類等
を持参して下さい。
 
なお、今年の申告から所得税の変わった点は
 (1)税源委譲による所得税の変更
 ほとんどの人は、今年の所得税が減りますが、その分は住民税が増えます。これは国から地方へ税金の移し替えをするもので、所得税と住民税を合わせると個人の税負担は変更ありません。 
 (2)定率減税の廃止
平成18年度まであった定率減税制度は廃止
 等です。
                    


   


Posted by jiiyasan at 10:11Comments(3)

2008年02月09日

黄門さんのロケ


 2月8日に磯の浦海岸で毎日テレビ(毎週月曜8:00pm~放映)でおなじみの「水戸黄門」のロケがありました。
出演者、撮影スタッフなど総勢20数名と、バス、機材運搬車など約20数台が来て、磯の浦の磯をバックにロケを行いました。
 

 
   主演「水戸黄門」 : 里見浩太郎



 ロケ風景  
   (その他の出演者)
     佐々木助三郎 : 原田龍二 
     渥美格之進 : 合田雅史
     夜風のお絹 : 由美かおる
                        など   
     


Posted by jiiyasan at 10:31Comments(6)

2008年02月01日

パソコンあれこれ(つづき)

【3】ブログ
昨年末(06年)先生から写真の処理の指導をうけた。古い写真でもプリンタの「退色復元」などの機能を使えば簡単にスキャンできる事を見せてくれた。また逆光で撮った写真でも簡単に修整できることなどを見せてくれた。



 そんな中昨年(06年)11月に孫の結婚式に出席することが決まっていたので、その前日に急遽おもいたち、近くのカメラ店に行ってデジカメを購入したのである。
 はじめて孫の晴れ姿を撮影したのを機に、同窓会や農協の旅行はじめ近くで開催された祭などにこのデジカメを携帯し写真を撮ったものであった。こんな私を見ていた先生が「折角のとりためた写真を生かしてブログを書いてみては」と勧められるままにブログ作成の手ほどきをうけたものである。

 その後、記事の投稿や写真の挿入の初歩をいろいろ教えてもらい、現在はこれらをマスターすべく取り組んでいるところです。

 今のところ、ブログは週一のペースで投稿しているが、写真とともに書き入れる記事に間違いのないように昔読んだ本をひっぱりだしたり、図書館に行ったりとそれなりにいそがしい。
 いつまで続けられるか、そのうちにネタ切れとなる可能性が充分である。

 ちなみに、私のブログのタイトルやアドレスは次のとうりです。お暇な方はブログをのぞいてみてください。
    タイトル  「じいやアルバム」
    アドレス  http://jiiyasan.ikora.tv/
です。

 【4】追 記 
 この「パソコンあれこれ」の一文は、私の勤務していた退職者で組織しているOB会の会誌に、昨年9月に近況報告文として投稿したものです。

 早いもので、投稿を始めてから9月がたちました。しかし、いまだに手探り状態の域がぬけきれないままに、固い文章しか書けません。「じいやさん」に免じてください。

 
   


Posted by jiiyasan at 16:31Comments(4)