2008年05月17日

えび祭り

 
5月17日(土)和歌山市加太春日神社の渡御行列が、4年ぶりに復活し好天に恵まれ盛大に斉行されました。(由緒等については、本年2月22日付けの記事を参照してください)
 
  えび祭り(加太春日神社例大祭) 
 紀淡海峡に面した加太は、往時から漁業が盛んな土地で、航海安全と大漁を祈願して氏神様の春日大社の例大祭は毎年旧暦4月20日(現在では5月20日)に行われ、渡御祭は5月第3土曜日に斉行されています。

 加太は特に「伊勢エビ」の水揚げが盛んにおこなわれ、この感謝のために「春日大社」の例大祭には「エビ」をお供えるするとともに各戸でも神棚に「エビ」をお供えし住民あげて盛大にお祭を行ってきました。
 
 渡御祭は神事のあと天狗の先導で行列が組まれ、約1トンもあると言われる大御輿が50~60人の若者に担がれ、「千歳楽」「万歳楽」の掛声も勇ましく空高く上げながら町内を回ります。



 
  先導の宝太鼓と天狗。




 加太音頭と子供みこし




 獅子舞と長刀ぶり



  


Posted by jiiyasan at 22:37Comments(4)