2008年05月30日

和歌山ブルース

 
 和歌山ブルース

  逢いたい 見たい すがりたい 
   そんな気持ちに させるのは
   ぶらくり丁の 恋あかり    
    真田堀なら ネオン川
     和歌山 泣きたい ああ やるせない

 
 
今から40年前(昭和43年)御当地ソングの」「和歌山ブルース」が発表され、歌手の古都清乃さんによって歌われ大ヒットしました。
 この記念のため、平成4年5月に雑賀町大門川にかかる雑賀橋のたもとにレコード盤を模した高さ1.8mの記念碑が建立されました。この碑の周囲1m付近に近づく「和歌山ブルース」のメロディーが流れてきます。

回顧】 
 この当時を回顧すると、当時「東和歌山」と「国鉄和歌山駅」と呼ばれていた駅名が、それぞれ「和歌山駅」と「紀和駅」にかわり、住友金属では茨城県鹿島に新工場を新設しました。
主な出来事
 ・東京府中で「3億円強奪事件」が発生
 ・十勝沖地震発生M7.9 
 ・東大紛争・安田講堂を占拠  など 


 

 現在の「本町通り」
40年前には、この通りを軌道電車(市電)が走っていました。クルマ社会の到来で昭和46年に撤去されました。




 「築地通り」と「真田堀川」など
 歌にあるブラクリ丁や真田堀周辺は、かつての賑わいが失われ寂しい限りですが、女性の心情を切なく歌った「和歌山ブルース」は、広く歌い継がれています、この歌のヒットした一因は、和歌山から鹿島などに転勤した住金社員などが、かつての勤務地の和歌山を想い出して歌ったり、有線にリクエストしたことなどで大ヒットしたといわれています。
  


  


Posted by jiiyasan at 21:00Comments(8)