2008年06月12日

弥勒菩薩坐像


 和歌山市の深山地区を通る旧紀州街道脇に「弥勒菩薩坐像」を祭る小さな祠があります。
   
     【弥勒菩薩】とは、簡単に言えば、仏教の「始祖」の釈迦の救いに漏れた衆生をことごとく済度すると云われている
            菩薩のことです。 

 この祠の傍に傍に建てられている説明書によると
 「この像は鎌倉後期時代の修験者(山伏修行者)が修行のため大峰入りするにあたり、修験者の無病息災を祈願して刻んだ菩薩像と見られ、併せてこの付近の通行人にも無病息災を祈願する目的で道路の辻に建立されていたものらしいとのこと。
 この像は、その後の天変地異のため、この地に流れる「あぶり川」に埋没しいたのを、土地の住民で寒行中の人が霊感を受けて発掘したものといわれ、昭和17年から「辻地蔵」として祀られてきたという。





 この祠は、旧紀州街道から「休暇村紀州」に行く登り口にありjます。
 毎年4月24日に信者がお祭をしているとのことですが、昭和55年の祭礼の日に昼過ぎから急に天候が悪くなったため、参列者達がいつもより早く帰ったあとに、お社は勿論のこと、車も全壊するという交通事故が起きたが、ご本尊だけは毅然とお座りになり、また、交通事故を起こした2人の若者にも何らの被害も起らなっかたという。 本当に不思議な出来事であったといわれ、このときはじめてこの像は、「弥勒菩薩座像」であるとが判明し、その後も信仰を集めているという。





 「円光大師遺跡碑
森林公園入り口(深山側)に「円光大師遺跡」の碑(明和4年巡拝記念)と読み取れる古い石碑があります。
 加太方面から「大川トンネル」を大阪方面にぬけると、法然上人(円光大師)が開祖とされる報恩講寺(通称大川寺)という由緒ある寺があります。
 この地域は昔から宗教に関する遺跡等が多いところでもある。
        (大川寺の記事は近く投稿の予定です。)  


Posted by jiiyasan at 10:05Comments(6)