2008年07月15日

夏野菜(漬物用)の出荷


 源五兵衛西瓜(げんごべえすいか)
 梅雨明けのこの時期、今年も和歌山(河西地区)特産の源五兵衛西瓜の出荷が最盛期に入りました。
この西瓜(すいか)は、「奈良漬用」のコダマ西瓜で、定められた大きさ(直径5.4~6.4センチ大)になると取りいれします。この規格に合うサイズの西瓜を採果するために農家の方は1日に2~3回も収穫のため畑に行きます。大きくなりすぎても小さくても商品価値はゼロになり廃棄せねばなりません。このために、小鎌で蔓に切り口を入れて成長を遅らせるなどして大変です。
 また、収穫した西瓜はすぐにひとつひとつに小さい針で穴をあけた上、酒かす(塩入り)の桶につけこみます。  その後何回も桶の中を手で攪拌したのちに、運送用の容器に詰めて漬物屋に出荷します。
 手間のかかるうえに重労働ですよね。




  
源五兵衛西瓜は、普通の西瓜のように縞模様がなく、白っぽい皮をしています。(右は実生用の西瓜で大きく熟成させ来年用の種を取ります。)
 最近は、一時期に比して「奈良漬」の需要が少なくなったためか、栽培農家も以前に比して激減しました。





 青瓜(浅漬け用)
 昔から 夏だけの浅漬け用の需要の大きい「青瓜」も出荷の最盛期になりました。この青瓜も適当な大きさのうちに取り入れせなばならす、農家の方もたいへんです。青瓜はダンボール箱(10キロ)に詰めて、毎年お盆過ぎまで大阪中央市場に連日出荷します。

 この栽培農家も最近はすくなくなりました。
  


Posted by jiiyasan at 10:02Comments(6)