2008年12月07日

12月8日(雑感)


 「三社詣で」(日前宮・竈山神社・伊太木曾神社) 
 今年も12月8日がめぐってきました。67年前のこの日は、わが国の運命を大きく変えた日米開戦の日でした。
当時、私は中学5年に在学していたが、真珠湾攻撃をの数日後、全校生徒がゲートル(巻脚絆)、背嚢をつげ重い村田銃を肩に「三社詣で」に行ったのが昨日のように思い出されます。日時の記憶が不確かですが、粉雪がちらつく中の行軍ではなかったかとおもいます。

 この時期になるといろいろな回顧記事が新聞などに出ますが、「鉄鋼生産量は日本の10倍、原油生産量は740倍の国を向こうにまわしての開戦であった」(読売編集手帳より)という。まさに質量ともに格差のある国を向こうに無謀な戦。竹やり精神だけで勝てる神国に、その後戦後の経済復興はできたものの、自虐の歴史感は今だしの感が残るこの頃だ。




映画 「ハワイマレー沖海戦
 真珠湾攻撃から満1年後、戦意昂揚の目的で映画「ハワイマレー沖開戦が製作(東宝)されて上映され日本人のすべてが見たといわれたわが国初の特撮映画(ミニチュアーモデルにによる)がありました。
 
この名作が公開された時期は、すでに「ミッドウエー開戦」での日本の敗戦を機に戦局が大きく変わっていたのは、本当に歴史的皮肉だったといわれている。  (同映画のスティール写真より)




 
    「努力!天は自ら助くるものを助く」
 母校の和中(現桐蔭)図書館前に、先輩の野村海軍大将筆になる「箴言碑」(しんげん 格言)が今も建つている。(昭和8年建立) 
  この碑に示された「自助の精神」は現在も校訓として後輩諸君に受け継がれていることでしょう。

 <メモ>海軍軍人で外交官、政治家として活躍された野村大将は、日米開戦時の駐米特命全権大使として日米交渉にあったたが開戦を回避できず、戦後は日本復興に全力を尽くし、参議院議員などもつとめた。
 
 <思い出> よく私達の学生時代は、軍国主義の教育時代に育てられたといわれた不幸な時代といわれる。確か大戦突入後は軍事教育は強められたが、私達の時代は他校に比し自由色の残る時代で、先生方にも自由主義的な方や個性豊かな方が多かったと思う。  


Posted by jiiyasan at 22:28Comments(4)