2009年01月28日

旧正月(太魯湖渓谷 台湾)

 今年の旧正月は1月26日(月)でした。
 30年前の昭和54年(1979)2月上旬、中学時代の「サッカー」仲間1行で、「春慶節」で賑わう台北に旅行しました。夜になる街のあちこちで爆竹がなりひびき、さすが食の国、屋台や飲食店は大賑わい、新年宴会(クラスメートの関係する会社が開催)にも同席させてもらい楽しい正月を満喫しました。
 
 台湾(中国)では、陰暦元旦(春節)から15日間は「春慶節」と呼ばれ重要な祭事の一つとして盛大に祝いますが、かつてはわが国の旧正月には漁船に大漁幡を取り付けたり、寒餅(煎餅餅)を搗いりしてそれなりの冬の風物詩のひとつでした。



 太魯湖渓谷
 台北から花蓮までひととび、有名な太魯湖渓谷に行き20キロにもわったてつずく絶景。奇形のつずく太魯湖渓谷の観光に行ってきまいた。両側の狭まる断崖や白く見える山並みや舗道はすべて大理石という渓谷。
 すばらしいの一語でした。

 


 「花蓮側の渓谷入り口」と「案内板」
建造物は、すべて「大理石」製です。

 

 
太魯湖渓谷の花蓮側には原住民「アミ族」の民族舞踊が上演されていました。
 
     


Posted by jiiyasan at 21:50Comments(2)