2009年05月26日

回顧(動員など)

 
 勤労奉仕(1ヶ月)
 日米開戦後の日本は、国民の日常生活は日増しに苦しくなるなか、耐乏生活を余儀なくされたが、若人が戦線に借り出された結果、工場の人手不足を補うため学生が男女を問わず勤労動員された。

 昭和18年(2年生)の夏休みには、私はS君と2人で新潟県長岡市の津上安宅製作所に工場実習に行ったが、帰ると直ぐの9月の1ヶ月間、私達クラスの全員(80名)が川西航空機武庫川工場に動員された。 工場近くの独身寮に入居させられ通勤したが、仕事は単純なものであった。
 
 当時、同工場は日本で唯一の海軍飛行艇の生産工場であったが、高等小学校を卒業したばかりの養成工ばかりが目立ち熟練工がすくなかった。


 勤労奉仕(4月間) 
 翌昭和19年3学期の1月4日から4月23日までの約4ヶ月間、今度は明石市の川西機機械製作所大久保工場(現NEC明石工場)に「電波報国隊」と組織され動員になった。
  
 宿舎は建てたばかりの会社の社宅に分宿、名簿順に4名づつが入居した。、宿舎にはカーキ色の作業服がわりの「女子用モンペ」がおかれており、全員これで通勤した。
宿舎に戻っても当時は何の娯楽施設もない無味感想の生活であり、自然と気の合う仲間同士の入居が行われ表札と異なる入居となり教師をあわてさせた。
 
 また長期の動員予定であり、当初は夜に授業の補習などが計画されていたものの職場で勤務時間などがことなりうまくできずに取りやめとなった。

(写真は、長い動員を終えて学校生活に戻った際に前記の工場からひきあげた際に撮られたもの。4月末にもかかわらず全員外套姿で、校則で定められた戦闘帽ではなく違反のアンパン帽子をかぶっている。反軍国主義へのささやかな抵抗のあらわれだった。)



 動員期間中の食事は三食とも工場の食堂で取れたが、なんといっても育ち盛りの年頃。残業のときに誰かが手に入れてきた「オカラ」を真赤に焼けたブリキ製の石炭ストーブの煙突に貼り付けて焼いて食ったり、また、同室のN君が休みに奈良の実家に帰って持ってきてくれた「クズ湯」を食べさせてもらったときの旨かったことなど、忘れられない。

 神戸は、三宮、元町の瀟洒なまちと、庶民に親しまれた「新開地」があり下宿から近いこともあってよく遊びに行ったが 当時の娯楽といっても映画を見る程度。三宮のガード下の洋画と新開地のシンボル「聚楽館」に行ったもの。
 (写真は当時の神戸新開地)
 
   


Posted by jiiyasan at 09:00Comments(8)