2009年06月24日

回顧『1945-②)

 海軍予備学生
 
 「第6期一般兵科(特別整備班附)海軍予備学生を命ず 横須賀市大楠海軍機関学校に入校を命ず

 昭和20年(1945)3月1日私は指定された神奈川県厚木海軍航空隊に入隊した後、身体検査を受け上記のような命令により翌2日同期生100名とともに大楠海軍機関学校に入校した。その後8月15日の終戦までの5ヶ月半の短期間ではあったが海軍士官としての基礎訓練をうけました。同期生は大学卒4名をふくめ全員工専理工系の100名であった。
 
 (写真は入校時に支給されていた軍装品で持帰りが許された中の一つ。海軍軍人を象徴する短剣も物資不足のために刀身は木に銀紙を巻いたいわゆる「竹光」です。)




 1934年に制定されたというこの制度は、正規の海軍士官の養成学校であった海軍兵学校(広島・江田島)が3年間の養成期間が必要であったが、この補充のために設けた制度であり、短期間(1年間)に海軍士官を養成する制度であった。
 
 当初は海軍航空予備学生と呼ばれ飛行予備士官の養成が目的だったとのことだが4年後には整備科が新設、大学工学部
や旧制工専の卒業者を対象として募集、その後一般兵科(陸戦、対空、対潜、通信など)の養成、募集が行なわれたという。
 
 作家で有名な「阿川弘之」さんは第二期予備士官(通信)になられ、中国で中尉で終戦を迎えられたと自伝に書かれている。


【海軍志望のこと】
 多くの海軍予備学生志望者がそうであったように、私もなんとなく陸軍が嫌いで「どうせ兵隊に行くなら海軍へ」という単純な重い込みが強かった。特に中学に在学中、年々強まる軍事教練の教官(予備役陸軍下士官)がなんとなく尊大な態度を撮るように感じられ、これ対するの反発心を持っていたのは私だけではなかったように思います。
 (入校後、はじめての上陸(外出)許可の日近くの写真館で撮ったもの。薫刀は撮影用の借り物)



 
 まず早く娑婆気を抜くように言われ言葉づかいから指導される。「あんた」「君」や「私」「わたくし」などは禁句、「貴様」{俺」に、、そして校内の移動はすべて「駆け足」に、のぼり階段は一段とばしで、逆にくだり階段は1段づつで降りると指導。
 「総員おこし」がら「巡検終わり」まで分刻みの日課だった。勿論{鉄拳」は数十度いただいたが・・・・。
 また、私達の在校していた「大楠機関学校」は新設したばかりのようで、寝所は「ハンモック」ではなく2段ベッド>であった。

夾竹桃
この夾竹桃は近くのスーパーに毎年夏中咲いているもので、高さ5メートル位の大きなこの木の確かな樹齢は知りませんが毎年夏中には咲きます。(09-06-19撮影)






  


Posted by jiiyasan at 09:17Comments(2)

2009年06月10日

回顧(1945ー①)

 徴集猶予 
 昭和19年(1944)9月繰り上げ卒業して翌10月1日に近くに建設中の住金和歌山に入社することができた。
同時入社の23名のうち大学卒3名で残余の20名全員が旧制工専卒であった。このうち8名の海軍入隊予定者をのぞく全員が1日も勤務することなく陸軍に入隊させられた。
 
海軍(技術将校と予備学生)へ採用者は徴集猶予の扱いを受け翌年3月に海軍に入隊となった。この措置を受けたのは同工場が海軍の軍需工場に指定されていたからだ。
  (写真は私が通学した神戸の学校正門。昭和20年3月の神戸大空襲によって焼失した)

海軍には20年3月から終戦までの5ヶ月半でこの間の身分は学生で、正式には兵役に服したことになっていない。
 (この記事は次回に記したい。)





 住金和歌山
①昭和15年2月和歌山県が住金誘致のため、当時の湊村外浜地区等の地主715名が持っていた住宅と土地、農地等の売買交渉をし(住宅は立ち退き)工場用地130万坪を造成し和歌山製鉄所の建設をはじめた。(写真は6月7日写した住金の遠景)

 ② 昭和17年に操業を始めた同工場は、当時は高炉を持たない所謂「平炉メーカー」であったが、私が配属された鋼管部には新鋭のドイツ製継ぎ目なし鋼管(シームレスパイプ)の製造工場などを持つ「鋼管部」であった。
 (この年の夏休みの20日間就職予定愁の前記23名全員が近くの独身寮に入れられ工場実習をした。私は前記の製缶工場で 実習をしたので全員が顔見知りであった。)

 ③工場うには若い人がすくなくなり、女子従業員や女子挺身隊などのはか、軍用徴用工などが沢山はたらいていた。戦時中どこの工場でも若者が軍に取られどこも従業員不足となったが、これを補うため軍人として出征できない体の人が軍需工場に「徴用工」として働らかされた。、

 ④私が住金勤務中(19年10月~20年2月)には米軍空襲をうけなかったが、数度偵察飛行と思われるB29が京阪方面から飛来し、そのつど防空壕に退避した。B29が成層圏を飛行機雲を引きながら悠然と飛行しているのを見た女子従業員が思わず「きれい」ともらしたことがあり、上司から怒られていたのを思い出す。



米軍上陸 
 終戦から40日後の9月25日、米軍進駐軍が和歌浦湾や二里ヶ浜海岸一帯に上陸した。その数7000~8000名といわれた米軍の戦車、弾薬などが」上陸用舟艇などで揚陸した。同時に揚陸した食料品などを見てその膨大な物量を目の当たりに驚かされた。
 なんでも大阪、神戸などの港湾の掃海作業が完了していないために和歌山に上陸したという。

上陸した米軍は陸路で京阪神に進駐したが、一部の米兵は焼け野原の鼠島(現在の築港地区)一帯にキャンプを張り、また焼け残りの旅館の一部が将校宿舎に接収された。

夜になると我が家の近くの海上の米軍艦船が点灯し、不夜城の様相を呈しとなったが、おびただしい艦船や豊富な物量に驚かされたものだった。しばらくしてから役場からの通知により、住金倉庫の運びいれた米軍物資の整理のために2、3回使役に狩りだされた
 (写真は再建51年の新緑にはえる和歌山城)




 


  


Posted by jiiyasan at 15:19Comments(7)