2008年03月12日

木本八幡宮

【所在地】  和歌山市西庄宮山1番地
【祭 神】 応神天皇  神功皇后  天照大神


【由緒】
 社伝によると、神功皇后が西国から凱旋されたとき,武内宿弥が幼帝応神天皇を奉じてこの地に上陸して頓宮(仮宮殿)を造りしばらく駐留なされたが、14代後の欽命天皇の詔勅により西暦562年に今の宮原の地(木本1153番地)に「芝原八幡宮」が創建された。
 また、芝原八幡宮創祀以前から地主神として現在の木本八幡宮に天照大神が祭られており、「木の本宮」と呼ばれていたが、秀吉の紀州進攻時にいずれも火災で焼失したという。

 その後、元和4年(1618)の再建に際し両宮を一つに合祀して「木本八幡宮」と公称することになったという。

【本殿】 
 再建された本殿は、鬱蒼とした照葉樹林の小山の杜にあり、桃山時代の遺風が残されている貴重な建造物であるといわれ、現在県指定文化財である。
 また、芝原八幡宮跡には、権殿(かりどの)が建てられました。
  
 


 拝殿と「万葉集難読歌」の碑
 拝殿の前に、西暦658年額田王(ぬかたのおおきみ)が「嚴橿(いずかし)が本」と詠んだ万葉歌の難読歌碑が建てられています。
 
 【由来】
 なお、神社の立て札に書かれた解説によると境内林の「嚴橿(荘厳なカシ)の木の本」に天照大神をお祀りしたので「嚴橿の木の本の宮」と称したのが「木本八幡宮」と呼ばれるようになったということです。


 

 八幡宮の鳥居は、左には「橿の古木」が、右にはに大正11年に昭和天皇が皇太子時代に和歌山県に来県された記念植樹の「楠の木」があり、この鳥居をくぐり数十段の石段をのぼると拝殿に至ります。






 権 殿
 元和4年(1818)に芝原八幡宮と木本八幡宮が合祀されたときに、芝原八幡宮跡に権殿が建てられました。
 現在、権殿には大鳥居がそびえ、毎年10月14,15日には本殿から神様をお遷しして例大祭をおこない、権殿前の広場では無形文化財に指定されている勇壮な「木の本獅子舞」が奉納されます。
 
 









この記事へのコメント
こんばんは
由緒ある所なんですね
獅子舞は 有名ですよね 
また一つ勉強になりました
ありがとうございます
Posted by おかちゃん at 2008年03月12日 22:23
おかちゃんへ
早速のコメントありがとうございます。
木本八幡さんの獅子舞は湯名ですが、権殿で奉納されているとは最近までしりませんでした。歴史を感じるお宮さんで、境内には詳しい説明書が沢山たてられているので、よく分かりますよ。
Posted by jiiyasan at 2008年03月13日 09:14
おはようございます。
じいやさんのブログはきれいにレイアウトされているので
いつ見ても楽しいです。
今回の木本八幡宮の文と写真のレイアウトもとてもいいですね。
私はまだ木本八幡宮へは行ったことがございません。
由緒あるいいお宮さんですね。
機会があれば一度訪れたいと思っています。
Posted by ゆーしょー at 2008年03月13日 10:18
ゆーしょうさんへ
コメントいつもありがとうございます。
昔から知っているつもりの木本八幡さんでしたが、調べてみていろいろなことが分かってびっくりしています。
 和歌山カントリー前の道を山沿いに西に行くと権殿の大鳥居があり、この西側の細い道を山側に行くとほんでんです、
 一度、お出かけ下さい。にちぜ
Posted by jiiyasan at 2008年03月13日 14:39
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。