2008年04月07日

大年神社

 大年神社(本殿)
 祭神 : 大年大神ほか
 由緒 : 大年大神は須佐之男尊の御子で、穀物の守護神として崇められています。この神社の鎮座の由来は明らかではないようだが和歌山城の北西にあるので「乾の社」として紀州徳川家に崇敬されていたという。 
明治43年に近くの榮谷に在った諏訪神社を合祀したとのことです。
 所在地 :和歌山市榎原403(国道26梅原交差西)

  
 
   
  鳥居と宮山    
  
 4月5日満開になった大年神社に行きました。付近の人から「大年さん」と親しまれている神社は、「宮山」と呼ばれる太古からの常緑樹林が生い茂っているが、毎年この季節になると、緑と薄いピンクのコントラストが美しくなり、近隣から花見におとずれる人で賑わう。



 岩神様
 境内に、「岩神さん」と呼ばれている大きな岩が鎮座している。傍らの「由来覚え書」によると
  「慶長年間にこの土地の住民に疫病や小児が眼疾に苦しむものが多かったところ、ある夜時の神官田村氏の夢枕に立つた   岩神様のお告げに従い、社前に鎮座していた大岩を岩神として祀神したところ、庄内に蔓延していた疫病塔が旬日を経ず   して快癒したという。爾来付近住民たちから悪疫克服と眼の守護神と崇められて今に伝えられているという。」
   とある。(要旨抜粋)



この記事へのコメント
じいやさん こんばんは
ここの桜は見事ですね。
以前、仕事で孝子峠を
毎日通っていたとき
桜の季節には
すごいなーって
思ってました。

車は停められるのでしょうか…
Posted by milkmilk at 2008年04月07日 22:13
何年も前に友達に誘われて、ここに花見に行った事がありますが 参道は桜のトンネルで めちゃめちゃ綺麗ですよねo(^-^)o
milkさん、駐車場はありましたよ。
Posted by おかん at 2008年04月07日 22:29
おかんさん ありがとう
そうですか
桜のトンネル キレイでしょうね
また機会を見ていってみます。
Posted by milkmilk at 2008年04月07日 23:15
milkさんへ
小さいですが駐車場がありますよ。
今年はタイミングよく満開の時期にい行ってきました。
来年は是非。
Posted by jiiyasanjiiyasan at 2008年04月08日 09:26
おかんさんへ
桜のトンネルは、本当にきれいですよね。
昨日の雨風で、もう終わりでしょうかね。
Posted by jiiyasanjiiyasan at 2008年04月08日 09:35
おはようございます。
大年神社にも桜が植えられているのですね。
ここも満開でとてもきれいですね。

大年神社といえば思い出すのは、幼稚園くらいの頃でしょうか、
母に連れられて、長い北島橋を歩き、「おおとし」、
それが旧暦の大晦日か、新暦の大晦日か忘れましたが、
大晦日になると、歩いてお参りに行ったのを覚えています。

多分、杉の馬場まで電車に乗ったのでしょう。(記憶はありません)
北島橋が長かった記憶は今でもありありと覚えています。
70年近い昔の話です。
Posted by ゆーしょー at 2008年04月08日 10:42
ゆーしょーさんへ
ことしの桜は、冬が寒かったためか、例年よりきれいであったような氣がしますね。
 むかしの大神さんは知りませんが、二つの鳥居の間に道路が横切っているので神域が大分狭められたような感じです。由緒のあるお宮でしょうね。

昭和11年に今の北島橋が鉄製に架け替えられたとのこと、当時としてはこんな巨大な構造物とその長大さの印象が、子供心の記憶にのこっているのでしょうね。

それにしても大神さんまでの往復が徒歩であったとは、今の時代では考えられないことでしょう。
Posted by jiiyasanjiiyasan at 2008年04月08日 21:45
きれいな 桜が満開ですね
お花見の 穴場ですね
Posted by おかちゃんおかちゃん at 2008年04月10日 22:16
おかちゃんへ
今年は、ちょうど見ごろの時に撮影できました。花見のときはかなりのグループが訪れているようです。
Posted by jiiyasanjiiyasan at 2008年04月11日 09:56
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。