2008年05月11日

堀詰橋


 史跡「堀詰橋跡」
 和歌山市築地通りの市堀川と和歌川の出合に架かる「堀詰橋」の袂に史跡を示す碑が建つています。
現在の堀詰橋は、近代的な美しいたたずまいを持った橋となり、橋の中央にバス停などがありますが、かつてこのあたりは紀州藩の諸大名の屋敷群がありました。



 
 「三方出合」
 堀詰橋の架けられている市堀川は、東側を走る和歌川と字形に結ばれており、昔から「三方出合」と呼ばれて水運の要地とされてきました。(写真の水路は鍛冶橋から望見した「三方出合」です。左側の水路は市堀川で、すぐのところに堀詰橋があります)
 市堀川(北外堀)は、和歌山城の築城の際、防備を固めるために造られたもので、あまりにも大きな工事であったため当時の江戸幕府から謀反を企てているのではと疑われ、このため掘削中であった南外堀(新堀川)の工事を中止に追い込まれたとのことで、「堀止」の地名が残っています。

 



  紀州藩表千家屋敷跡碑 
 茶道流派のひとつである「表千家」は、千利休を祖とする本家で、裏千家、武者小路千家とともに「三千家」として知られている。表千家四代江岑宗左は、寛永19年(1642)茶の湯に造詣の深かった初代紀州藩主・徳川頼宣に招かれ紀州徳川家の茶頭として仕えることとなり、以後明治にいたるまで歴代家元は紀州家に仕えた。
 その間「表千家」は中級武家並みの二百石の禄と堀詰橋付近に屋敷を与えられるなどの特別の待遇をうけていたのです。




この記事へのコメント
はじめまして 貝と申します  畔田翠山を検索していたら ”じいやさん” にめぐりあうことができました。 翠山の足跡をたどって吉野山系の大台ヶ原を何時か訪ねたいと思います。 白い花の森へ行った事がありますか?
Posted by 貝 at 2008年05月13日 17:50
貝さんへ
コメントありがとうございます。
おはずかしい限りですが、大台ケ原へは行ったことはありません。
 昔学校ですこし教えられた知識をもとに、最近になり改めて偉大な紀州の学者さんが沢山あることで記事にさせていただいた次第です。
Posted by jiiyasanjiiyasan at 2008年05月13日 22:08
三方出合ですか
なるほど
よくわかりました

じいやさんの
写真みてると
ヨーロッパの
風景みたいですね
Posted by milkmilk at 2008年05月13日 22:31
milkさんへ
ちっちゃなデジカメでも、割合きれいに撮れるもんですね。
記事の内容とマッチできる写真になるように心がけていますが・・・・。
今後ともいろいろ教えてください。
Posted by jiiyasanjiiyasan at 2008年05月14日 08:58
表千家の家元で、200石ですか、なんか微妙な石高ですね、もっと出してもとも思いますが
Posted by 小池 at 2008年05月14日 12:49
小池さんへ
初代藩主頼宣公の禄高55万5千石、家臣2,500人もあったらしいので、武士以外の身分では高給ではとおもいますが、どうでしょうね。
Posted by jiiyasanjiiyasan at 2008年05月14日 20:30
こんばんは。
和歌山市は城下町にちなんだ地名が数多くありますね。
市内地図を見て調べるのも楽しいものです。
堀詰橋にはきれいなステンドグラスが張られていたでしょう。
それに三方出合から西は直線の運河ですね。
そして直角に北へ曲がって、また直角に西へ曲がって
海へとつながっていますね。
Posted by ゆーしょー at 2008年05月14日 22:43
ゆーしょ^さんへ
コメントありがとうございます。
和歌山市内には城下町らしい由緒のある地名が沢山ありますね。
大分前に、市が町名の整理を計画した時、市民の反対で吹上1~5丁目以後城下町の町名変更が取りやめられたと聞いたことがありまさした。
Posted by jiiyasanjiiyasan at 2008年05月15日 09:27
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。