2008年09月11日

母校で表彰

 9月10日(水)北京五輪で「銅メダルに輝いた湯元健一選手」に対して
和歌山市スポーツ特別栄誉賞
の表彰式が、母校西脇小学校で行われました。ik_72

 授与式には全校児童や市民ら約1千人近くが見守る中で、大橋和歌山市長から表彰状やクリスタルガラス製のメダル、トロフィーなどが贈られ、また、市長や関係の代表者から、同選手の健闘をたたえるメッセージがあったのち同選手から「地域の皆さんの声援おかげです」との謝辞が述べられた。



 先輩おめでとう

会場(同小体育館)には小学校児童や幼稚園児の造った
  「先輩 北京オリンッピク銅メダルおめでとう」
  「ゆもとせんしゅどうどうめだるおめでとう」

の懸垂幕が張られていました。

 つづいて同会場で、同選手と児童たちの交流会が開催されました。



この記事へのコメント
jiiyasanこんばんは。初めまして。今から63年ほど前に和歌山市立砂山小学校を卒業した東京在住の男性です。私のHNから、苗字は想像できると存じます。野鳥の撮影を老後の楽しみとしてブログを続けております。宜しくお願いいたします。
湯元健一選手はレスリング60㎏級の選手でしたね。和歌山出身でしたか。地元ではさぞかし大喜びだったでしょう。スポーツ特別栄誉賞を受賞した湯元氏はまだ、24才ですから、ロンドンでは金を狙える位置にいると思います。
Posted by polo181 at 2008年09月11日 21:41
polo181さんへ
コメントありがとうございます。
 和歌山出身のメダリストは、個人種目としては水泳の橋爪選手以来とのこと。次のロンドンでは兄弟で金を狙うとの頼もしい言葉。
 後輩達はメダルを触らせてもらい大はしゃぎでしたよ。
 今後ともよろしく。
Posted by jiiyasanjiiyasan at 2008年09月13日 19:42
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。