2007年11月27日

紀ノ川鉄橋等



南海電鉄紀ノ川鉄橋
南海電鉄が現在も使用している紀ノ川鉄橋は、明治36年(1903)に単線で和歌山市に乗り入れたときに建造した鉄橋(手前)で、現在は上り線(大阪方面行き)につかわれています。下り線に使用されている鉄橋は、大正11年(1923)の複線化に伴い増設されたとのこと。

 南海電鉄は、日本最古の民鉄といわれる阪堺鉄道(難波~大和川間を開業)を前身として明治18年和歌山~なんば間を走る鉄道として建設されたものです、
 この鉄橋ができるまでは、現在の紀ノ川駅が終点であったとのこと。



  煉瓦つくりの橋脚
 レンガつくりの橋脚は、築100年以上を経て現在も健在である。
 電車通過時の重みはいくらあるのか。これに耐えているのには驚きだ。
 構造は石とレンガだけだとのこと。

 
 

  レンガ造りの倉庫
  紀ノ川鉄橋の近くにあるこの煉瓦倉庫も、正確な建築年のこ記録はないが、明治後期の建造と推定されている。

 かつて、戦災で焼失するまで和歌山市は日本有数の紡績などの工場が多く、この倉庫も旧和歌山紡績紀ノ川工場の建屋の一部でした。今は数少なくなったレトロな建築物のひとつです。
 (写真は南海電車に線路越しに写したもの)



この記事へのコメント
こんばんは。 ゆーしょーです。
明治時代に架けられたこの鉄橋も老朽化が激しくなりましたね。
阪和線は、これよりずっと新しいのに架け替え工事が進んでいますね。
この南海橋梁は近い将来危険で使用できなくなり、紀ノ川駅止まりになるとか。
そうなると明治時代に逆戻りですね。
Posted by ゆーしょー at 2007年12月01日 22:28
ゆーしょーさんへ
コメントありがとうごぁいます。

この鉄橋の架け変えは、数年前から検討されているように聞きました。
道路なら迂回路を作り工事かできると思いますが、紀ノ川どまりにすると影響が大きいので鉄橋部分を単線で運行して工事するより仕方がないのかななどと思っていますよ。

それにしても、煉瓦とセメントだけの橋脚がこんなに長く使えるとはおどろきですね。
Posted by jiiyasan at 2007年12月02日 10:04
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。