2007年10月22日

木ノ本の獅子舞

 木ノ本の獅子舞(県指定無形民族文化財)
 10月21日(日)木本八幡宮(和歌山市西庄)の秋季例大祭で恒例の獅子舞が奉納されました。この獅子舞は全国でも珍しい「梯子獅子」といわれるもので、ダンジリの上の地上約5メートルの高さに渡された2本の青竹の上で舞うものです。



 500有余年の伝統を持つといわれるこの獅子舞は、2人1組で演じる勇壮な獅子舞であるが、演じ手となるまでには相当の修練を要するもので、地元では「保存会」をつくり平素から修練を重ねているとのことである。



舞の内容は、百獣の王ライオンが生まれたばかりの子獅子を谷底に蹴落とす場面や、這いあがってくるわが子を待ちながら谷底をのぞく姿や、やがて元気なわが子の姿を見て安心して居眠りする場面などが、太鼓、笛などにあわっせていきいきと演じられています。(写真は大祭前日の準備風景です)




この記事へのコメント
こんばんは。 ゆーしょーです。
木ノ本の獅子舞は、よく聞くのですが、
見るのは、これが初めてです。
5mもの高いところで、しかも2本の
青竹の上で舞うのですね。
これは、全国でもないでしょうね。
珍しい獅子舞を見せていただき、ありがとうございました。
Posted by ゆーしょー at 2007年10月22日 23:37
書き忘れましたが、
昨日の日曜日に行われたのですね。
Posted by ゆーしょー at 2007年10月22日 23:38
ゆーしょーさんへ いつもコメントありがとうがざいます。

 子供の頃から、何べんとなく見に行った獅子舞ですが、カメラを持ってゆくとなんとなく視点が以前と変わりますね。

 気のせいか、昔に比べて観客が少なくなったような気がしますが、それでも地元では有名な祭です。全国的にも有名な獅子舞となり、去年はNHKの東京での全国の祭大会に出演しTV放送がされました。
 
しかし、間近かで見ると、迫力満点ですよ。来年は是非見に来てください。
Posted by jiiyasan at 2007年10月23日 09:11
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。