2007年12月02日

紅葉渓庭園

 名勝「西の丸庭園」(紅葉渓庭園)
 紀州徳川家初代藩主頼宣公が、西の丸御殿(現在の庭園の北にあった)に造営した江戸時代初期の城郭庭園である。昔からその名のとおり秋の紅葉が有名。
 遅れていた紅葉が見頃になりました。好天に恵まれ、また休日のことでもありアマカメラマンや日曜画家など沢山の人出でした。
 茶室「紅松庵」は和歌山市名誉市民・故松下幸之助の寄贈にかかるもので、四季を通じて茶室からすばらしい庭園を眺めることができる。

 
 紅葉に映える和歌山城
 紅葉渓がら見える和歌山城の天守閣の一部です。


 
 御橋廊下
 お堀の水面に映える「御橋廊下」は、紅葉とともに一段と美しい。
長さ26.7m、巾2.95m、の「御橋廊下」は藩主とお付きの人だけが二の丸と西の丸を往復するために架けられた橋で、平成18年3月に復元完成された。
 
 屋根つきの廊下は、また全国的にも珍しい斜めにかかる橋で(勾配約11%)、現在は誰でも無料で渡ることができる(ただし要寄付金)。



この記事へのコメント
12月の紅葉きれいですねぇ
街中のイチョウも黄葉→落葉 先日中ノ島のロータリー付近で高枝バサミを使って銀杏を拾っているおじさん見かけました。
サクサクと落ち葉を踏みながら歩くのが好きです。(*^_^*)
Posted by まぶだちの”E” at 2007年12月03日 21:33
コメントありがとう
和歌山市内には紅葉のきれいなところが少ないですね。

我が家の近くの山々もいつ見ても紅葉、黄葉がすすまず、やはり温暖化の影響かなあとかんじています。

ところで試験済みましたか。
朗報を期待していますよ。
Posted by jiiyasan at 2007年12月04日 12:55
こんばんは。 ゆーしょーです。
今年の紅葉渓庭園はいつもより美しいと思いました。
私もこの土曜日に撮って来たのですが、
投稿が遅れてしまいました。
土、日には大勢の人が来ていました。
茶室「紅松庵」は、紅葉渓庭園の中心的存在ですね。
Posted by ゆーしょー at 2007年12月04日 20:11
ゆーしょーさんへ
コメントありがとうございます。

私は日曜日にいってきました。何年前か記憶していませんが、以前はもっと
綺麗であったような気がしました。失礼。

私は、桜よりも紅葉が好きで(この季節の旅行が多かったためか)すが、随分昔に見た日光での紅葉が一番印象に残っています。
Posted by jiiyasan at 2007年12月04日 22:47
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。